本を聴こう【amazon Audible】

秋吉理香子著「サイレンス」を読んで

秋吉理香子著「放課後に死者は戻る」

オススメ度★★★(読みやすい、謎もだいたいすっきり)

秋吉理香子さんの小説。
「絶対正義」「暗黒女子」に続いて読みました。

描写も上手で想像しやすく、無駄な文章が少ないので読みやすいです。

タイトルと表紙絵から主人公はお化けかなと思いましたが、違ってました。
メインは精神入れ替わりの話しです。

「放課後に死者は戻る」の主人公はオタク。
入れ替わった体は、イケメン。

イケメンになって、その生活を楽しむのではなく、元の自分を殺した人物を探す話です。

その過程で、人間的な成長を見せる主人公。

最後には、謎もだいたい解明されます。

 

入れ替わりで最近有名なのは「君の名は。」。男女の入れ替わりにタイムスリップが加わって面白かった。

東野圭吾さんの「秘密」は、入れ替わりではないかもしれませんが、母親の精神が小学5年生の娘に移ってしまう。娘の姿になってしまった妻に戸惑う夫。人生をやり直す妻(娘)。葛藤と謎。読み終わった後、読んだ人と語り合いたくなる小説です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight − 5 =

wp-puzzle.com logo