本を聴こう【amazon Audible】

藤原一裕著「遺産ゲーム」を読んで

藤原一裕著「遺産ゲーム」

オススメ度★★★★(短編、サラッと読める)

「英次、お前だって天下取りたいって思ってんだろ?」バカだバカだと思ってた兄貴が、実は一番ヤバイ奴だった…!狙うは、テレビに映る2億円。完全犯罪は完遂されるのか。原&英次のチンピラコンビ初お目見えの「別荘」含む7編の連作集。

出典:amazon

こちらで秋吉理香子さんが紹介していたので、気になって読みました。

遺産2億円を巡って起こる謎と騙し合い!2億円が誰の手に渡るか最後までハラハラ。ライセンスの藤原氏といえば売れっ子のお笑い芸人さんで、ルックスも抜群。その上こんな面白い作品をお書きになるのね、と脱帽しました。アクション・ミステリーという決して私が書けないジャンル。こんな風に書けたら楽しいだろうなあ。

出典:honto.jp

作者はライセンスの藤原さん。お笑い芸人です。
どんな漫才をしているか記憶はありませんが、小説は記憶に残りました。

1.別荘

2.相席

3.飛び火

4.メッセージ

5.渋滞

6.アンティーク

7.遺産ゲーム

「別荘」を読み終わって、「相席」になると、登場人物も舞台も変わる。
その後も、変わっていき……。

短編集だったのか、と読み進める。

どの話も面白い。

さすが漫才師さん。会話の掛け合いが上手いです。

読み終わると、こんな書き方があるのか、なるほどー と思わされる。

何も知らずに読むのがいい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − two =

wp-puzzle.com logo